バルセロナチェアー

バルセロナチェアーとは

バルセロナチェアーは、1929年のバルセロナ万国博覧会(バルセロナ万博)で、ドイツパビリオンに来館するスペイン国王夫妻を迎えるために作られ、アルフォンス国王にささげられた椅子です。

スペイン王国夫妻がくつろげるように、そしてその空間に合った高級感あふれる椅子を目指してデザインされました。


このバルセロナチェアーは、ドイツの巨匠建築家ミース・ファン・デル・ローエの代表作です。

ミースは、バルセロナ万国博覧会(バルセロナ万博)においてドイツパビリオンの設計を依頼され、建物、内装、家具にいたるまでデザインを担当しました。


あるCMではサッカーの中田選手もこのバルセロナチェアーに座っていました。


バルセロナチェアーでリラックス! トップページに戻る
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/48720689
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。